貿易代行業(輸出入代行業)ファーストステップ社長のブログ

貿易代行業(輸出入代行業)、株式会社ファーストステップの ブログです。

*

【正しい国際物流の進め方】

      2020/10/26

8,000件以上の貿易実務経験から、正しい国際物流の進め方を解説させて頂きます。

(1)貿易条件を理解する
先ずは貿易条件(インコタームズ)をきちんと理解して頂く必要がございます。
インコタームズとは「貿易条件」の事で、売買する当事者間の①【費用負担の範囲】と②【貨物の危険負担の範囲】を明確にしたものであり、解釈の違いによるトラブルを防ぐ事が出来ます。
(最新はインコタームズ2020)
※インコタームズは、国際商業会議所が、貿易条件の解釈に関する国際規則として制定した解釈基準となります。1936年に誕生し、その後時代の要求に合わせて修正、追加、削除され今日に至ります。あくまで法律でも国際協定でもないため、採用するか否かは当事者間の自由ですが、一般的には使用されます。

(2)輸送方法の種類を理解する
国際輸送には船舶、航空機、鉄道、トラック等さまざまな輸送手段が利用され、取引される貨物の内容、大きさ、重量、数量、時間、経費等を検討して、最適な輸送方法を選択します。更にサンプル程度であれば国際郵便(EMS)を利用する事もあります。
最適な輸送手段を選定する事で、大幅なコストダウンにも繋がります。

(3)輸出梱包の種類を理解する
国際輸送では国内輸送と比較し、輸送距離や輸送時間が長く、輸送途上の事故のリスクが高いです。そこで国際輸送に耐えうる最適な梱包が必要となります。
※輸送中に商品に傷が付いた場合、貨物海上保険を付保していても、「国際輸送に耐えうる梱包」と判断されなかった場合は、保険金が支払われないので充分に注意が必要です。

(4)その他、輸出実績や段ボール等の確認をする
貴社が輸入する場合は、輸出者(販売者)が輸出販売の経験があるか等の情報も大変重要です。不慣れな企業だと、輸出梱包の不備、また輸出書類の不備が頻繁に起こる可能性が高く、事前に日本側から具体的な指示をする必要が出てきます。
また、コストを抑える為に安価な薄いダンボールを使用した場合、輸送中のダメージに繋がる可能性が高く、国際輸送では、有る程度の強度が期待出来る、ダブルカートンが基本となります。

国際輸送に関しては、お気軽にご相談下さい。
info@1st-step.co.jp

【輸出入サポート】
株式会社ファーストステップ
http://www.1st-step.co.jp

 

 - 貿易関連基礎知識 , , , , ,