貿易代行業(輸出入代行業)ファーストステップ社長のブログ

貿易代行業(輸出入代行業)、株式会社ファーストステップの ブログです。

*

【輸入編-原産地証明書の役割等について教えて下さい。】

      2020/03/16

※弊社に頂いた質問を基に作成しております。
貨物の原産地、つまり貿易取引される輸出品や輸入品の国籍を証明することです。
原産地証明書はその真実性を保証するために、輸出地の商工会議所、もしくは官庁、輸出国所在の輸入国領事館などが証明する書類です。
原産地証明書が必要とされる理由には大きく分けて2つのケースがあります。
一つは輸入国の法律や規則に基づくとき。そしてもう一つは貿易取引の契約書や代金の決済手段として利用されるL/C、いわゆる荷為替信用状の中で必要とされているときです。
また、特恵関税を適用して低い税率で物品を輸入する際には、特恵受益国等を原産地とする物品であることを証明した原産地証明書を、輸入申告の際に提出する必要があります。

【進口篇-什麼是原產地證明書?什麼情況下會需要此證明書?】
※根據過去客戶諮詢內容編篡而成。
貿易時進口或出口之貨物、由原產地所開出的國籍證明文件。
為確保其真實性、通常由出口當地之工會或公家機關、亦或是位在出口國當地之進口國的外交領事館所發行。
之所以會需要原產地證明書、原因通常以下列兩種情況為主。其一是根據進口國家的法律或相關規定、再者是根據交易條件及付款方式協定中、使用信用狀(L/C)作為支付手段時、兌現時會被要求檢附原產地證明書。
另外、從關稅特惠國以較低稅率進口商品時、為證明商品確實是由該國家生產並出口、於海關申告時需提出原產地證明書。

【輸入サポート】【專業進出口協助】
株式会社ファーストステップ
FIRST STEP INC.
http://www.1st-step.co.jp

 - 貿易関連基礎知識 , , , ,